• 総務・人事
  • 経理・会計
  • 営業
  • EC・小売り
  • 介護・看護
  • ファイル・フォルダ操作
  • メール
  • 情報システム
  • AI・解析
  • 自動操作
  • PRA

エクセルで作成したテーブル定義書を、MySQLの構文に変換して出力してくれるツールです。データベース内にテーブル(表)を作成する際に活用できます。

テーブル作成にはSQL言語の習得が必要です。しかし、このツールがあれば深い専門知識がなくとも、初心者程度の理解ができていれば、データベース作成が可能になります。

さらに外注した場合、稼働後にテーブル修正が必要になるケースがあります。
このツールを導入しておけば、修正対応も楽になるでしょう。

また、データベース作成は、テーブル定義書を参考に作成することがあります。
記載ミスがあるとテーブルのSQL構文を修正しなければならないので、作業時間が
伸びてしまいます。
このツールを使ってエクセルから自動出力できれば、エクセルの該当箇所を修正すると同時にSQLが作成されるので作業時間の短縮が図れます。

 

Excelマクロファイルの一括出力が可能となるツールです。

例えば、業務内容が変更された等、今まで使っていたマクロを修正しなければならなくなった際、ソースコードの検索・調査といったことを、Excelファイルを確認し一つ一つチェックしていく必要があります。
これが複数ファイルあった場合、非常に煩雑な作業になります。Excelファイルを複数枚開くだけでもPCの動作が重くなるので、時間もかかります。

このツールを使用することで、Excelファイルを何枚も開いてコピペやチェックを繰り返す作業から解放されるでしょう。


このほか、新しいマクロの設計書を作りたい、作り直したマクロの見直しをしたいといった場合でも、Excelファイルが複数ある場合、一括して出力できるので作業時間の短縮が図れます。
 

Windowsのシステム情報を一括・部分で出力できるシステムです。

Windowsには様々なソフトがインストール可能ですが、バージョンによって機能しなかったりします。また、CPUのクロック数やメモリの容量を把握しておけば、同時にいくつのソフトを並行稼働できるかの目安になります。
例 多くの人がエクセルを複数枚起動したときに、動作が重くなったという
      経験がおありではないでしょうか。
  エクセルはメモリ使用量が比較的大きいソフトです。
  メモリ容量が少ないPCでは、賄えない分、PF(ページファイル)を
  使用することにより補います。
  PFは頻繁に更新されるため使用しているソフトの性能低下を招くため
  業務で使用するパソコンはそれなりのメモリを持っている必要があります。


また、空き容量の確認ができます。容量が少なければ、インストール済みソフト一覧を抽出できるので、それらをチェックして不要なものを削除といった対応が可能です。